<< 新規ご入会ありがとうございます | main | 原田先生、梅光学院公開講座 >>

芸術を堪能!

久しぶりにお休みをいただき、
29日は広島で、午前中は赤松林太郎先生のソナチネ講座最終回を受講。 
午後は赤松先生のフランス組曲1〜3番のコンサートに行きました。

ソナチネでバロックからロマンまでの音楽形式、様式を学ぶ事ができる、というお話しに、ものすごく心惹かれました。
ソナチネ、ほんと、楽しくなったのは赤松先生のお陰です。

午後は赤松先生によるフランス組曲1〜3番のコンサートを堪能しました。

とても即興性に溢れたバッハで、
ちょうど私もパルティータ2番を練習しているので、ウズウズしてきました。
そして大阪に向かい一泊。

30日の今日は、ベタな大阪観光で道頓堀へ。




午後からは 国立国際美術館へ。

オーストラリアのオペラハウスみたい。

お目当てはクリムト


シーレ


そして、シューベルトの肖像画

わー、本物〜!とミーハーしてしまいました。
使用していた眼鏡。

割れたままがリアルで、案外幅が狭いんだなぁ。というのが感想。
そしてなんと!
シューベルティアーゼの様子の有名な、この絵も??
これは、事前情報として知らなかったので、ビックリ!で感動しました。

そして大阪の締めは、
太陽の塔見学。

49年前の1970年、リアルタイムで見て以来。。。

予約時間を最終ツアーの16:30にしたのに、到着がまさかの16:30分!

汗だくで中へ入りました。
地底の太陽

生命の樹の最下部は写真許可されました。




懐かしいー!
一緒に行った娘もその迫力に圧倒されていました。
岡本太郎さんの芸術、エネルギーは半世紀経っても衰えていませんね
黛敏郎さんの「生命の讃歌」も
畏怖の念を起こさせるパワーも顕在でした。
幼児から大人まで厳粛な気持ちになりましたよ。



はい、この日の歩数です。

足、死にましたー

でも充実した2日間。
明日からも頑張るぞー!
posted by: pianocat | その他 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://ranranpiano.jugem.jp/trackback/541