<< いい音を求めると・・・ | main | 第6回 歌とピアノのマスタークラス 受講 >>

ペダル

20代の大人の生徒さん。
ドレミから始めて2年。月2回のペースで通ってこられています。
最初は、「あ、お、あら・・・?」と言いながら、右と左が自分でコントロールできないもどかしさもあったようです。
去年、大人の発表会的な事、します?と尋ねたら、即座に「と〜んでもない!」でしたが、
今年はすんなり参加OK.2曲も挑戦です。

良かったなあ、と思うのはペダルを怖がらずスムーズに使えるようになったこと。

20年ぐらい前にレッスンした大人の方、ペダル踏むタイミングだけで2・3か月かからせてしまいました。
下に潜り込んで、足を掴んで、「ここで踏んで、ここで外して」なんてやっていたので、頭でっかち、ペダルを踏むことだけに集中させてしまった結果です。大反省。

最初っから、音を聴きながら踏めば、先入観なしで使えるんです。ペダル。
だって、きれいな音を出したいから使うんですもの。
タイミングで『踏む』ものじゃありませんでした。

私が子供の頃は、先生の許可が下りるまではペダル踏ませてもらえませんでしたし、先生が楽譜に書き込んだペダル記号で『踏む!離す!』練習してましたもんねえ。
ペダル、特別感ありました。

要は出したい音と出した音を聴く耳でしょうか。
センスいいペダルは難しいですが、使う事の恐怖&無神経はなくしたいですね。

午前中の雨が上がり、気温も上がって一気に庭のハナミズキが大きく開きました。
posted by: pianocat | - | 17:25 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 
2013/04/22 10:54 AM
Posted by: kato reiko
先日、生徒募集の応募フォームにメールをお送りした者です^^
その後ご連絡がなかったようなので、こちらにておうかがいさせていただきました。
ご都合がよいときにご連絡いただけたらと思います。よろしくお願いいたします。









トラックバック
 
http://ranranpiano.jugem.jp/trackback/99